埋葬・火葬許可。死亡に伴う基本的な市町村役場の相続手続きに関するご案内

0120-01-4354

お問い合わせ

Menu相続手続きメニュー

相続手続きメニュー

埋葬・火葬許可

1.概要

 

墓地、埋葬等に関する法律によって、日本では埋火葬するときは埋・火葬許可証が必要になります。また、火葬後にお骨を墓地・納骨壇に納めるときは、埋・火葬許可証を墓地・納骨壇の管理者に提出する必要があります。

 

2.注意点

 

死亡届が受理されると火葬許可証が交付されます。火葬場に火葬許可書を提出し、火葬後に許可書に火葬済みであるとの証印をもらえば、自動的に埋葬許可書になります。

 

埋葬・火葬許可証又は墓地又は納骨堂の管理者へ提出します。受理した者は五年間の保存義務があります。

 

3.まとめ

 

死亡届が受理されると火葬許可証が発行されます。この書類がないと埋葬・火葬ができませんので必須の手続きとなります。

 

【掲載日:2016年1月21日】

お問い合わせ

相続シェルパ

〒460-0003
名古屋市中区錦二丁目15番19号
(アゼット錦ビル2階)

0120-01-4354

ご予約

相続税申告

不動産登記

相続のお客様総合窓口

  • 戸籍収集
  • 遺産分割
  • 不動産登記
  • 相続税申告
  • 銀行預金の解約
  • 遺品整理

6つの理由

  • 専門家による直接電話対応
  • 安心の専門家による直接対応
  • 精通した知識による断トツの経験数
  • 365日・年中無休 充実のサポート体制
  • 完全従量制によるリーズナブルな料金体系
  • 驚くほど充実のフルサービス

70の手続き

新着情報

コラム

Q&A

スタッフ紹介

Copyright (C) 相続シェルパ名古屋. All Rights Reserved.