児童扶養手当とは。死亡に伴う基本的な市町村役場の相続手続きに関するご案内

0120-01-4354

お問い合わせ

Menu相続手続きメニュー

相続手続きメニュー

児童扶養手当とは

1.手続きの概要

 

亡くなられた方が、児童(18歳に到達して最初の3月31日までの間にある者、または20歳未満で一定の障害の状態にある者)の父または母及び両親のいない児童を養育されていた方であった場合には、引き続き児童を養育する方が手続きをすることにより手当を受給することができます。(所得制限あり)

 

2.注意点

 

県や市などの自治体独自の手当も同時に受給できる場合があります。例えば、名古屋市にはひとり親家庭手当、愛知県には愛知県遺児手当の制度があり、児童扶養手当と同時に受給できる場合があります。お住まいの市区町村の窓口で必ず確認するようにしましょう。また、児童扶養手当の受給資格を失う要件も定められています。例えば、受給資格者が婚姻したときや、公的年金を受け取ることができるようになった場合です。その他にも受給資格を失う要件がありますので注意が必要です。

 

3.まとめ

 

児童扶養手当について説明しました。受給資格があるのに受給しないのは勿体無いので市区町村の窓口で確認をしましょう。

 

【掲載日:2016年1月27日】

 

お問い合わせ

相続シェルパ

〒460-0003
名古屋市中区錦二丁目15番19号
(アゼット錦ビル2階)

0120-01-4354

ご予約

相続税申告

不動産登記

相続のお客様総合窓口

  • 戸籍収集
  • 遺産分割
  • 不動産登記
  • 相続税申告
  • 銀行預金の解約
  • 遺品整理

6つの理由

  • 専門家による直接電話対応
  • 安心の専門家による直接対応
  • 精通した知識による断トツの経験数
  • 365日・年中無休 充実のサポート体制
  • 完全従量制によるリーズナブルな料金体系
  • 驚くほど充実のフルサービス

70の手続き

新着情報

コラム

Q&A

スタッフ紹介

Copyright (C) 相続シェルパ名古屋. All Rights Reserved.