成年後見制度の利用。死亡に伴う専門的な相続手続きのご案内

0120-01-4354

お問い合わせ

Menu相続手続きメニュー

相続手続きメニュー

成年後見制度の利用

1.概要

 

成年後見制度とは判断能力が低下した場合に後見人といわれる代理人を選任し、その方の財産や権利を保護する制度です。例えば、不動産の売買、福祉施設との契約や遺産分割協議などをする必要がある場合でも、本人の判断能力が全く無い状態であればそのような行為はできないですし、判断能力が低下している状態でなされた場合には本人にとって不利益となる可能性があります。このような場合に家庭裁判所に申立を行い、本人の判断能力の状態に応じて後見人等を選任してもらいます。以降は後見人等が本人の行為をサポートしていきます。

 

成年後見制度には本人の判断能力に応じて成年後見・保佐・補助の3類型があります。詳しくは下記のリンクをご参照ください。

成年後見制度にはどのようなものがあるのですか? (法務省HP)

 

成年後見制度を利用するには本人の住所地を管轄する家庭裁判所へ申立てを行います。申立てができるのは本人のほか配偶者や4親等内の親族等です。

 

 

2.注意点

 

後見人等が選任されるまでの大体の流れは、

1.必要書類を集めて申立書類を作成。家庭裁判所へ提出。

2.家庭裁判所で書類のチェックがされます。

3.内容に問題がなければ後見開始の審判(判断能力によって保佐開始の審判、補助開始の審判)がなされます。

 

大まかな流れは以上ですが、その他必要な手続きとして、申立人や後見人等の候補者との面接があります。これは裁判所が申立ての詳しい経緯の聞き取りし、後見人等の候補者について適正を判断するものです。必要に応じて本人との面接も予定されています。

 

裁判所によって違いはありますが、この面接の予定を入れるのに1〜2ヶ月待ちの場合があります。ですので申立書類の準備がある程度できた段階で面接の予約を入れたほうがいいでしょう。ただし、申立書類は面接日までに裁判所へ提出しなければならないので、面接の予約を入れる際には書類の提出期限も確認しましょう。

 

 

3.まとめ

 

成年後見制度についてその制度の目的や申立ての大まかな流れを説明しました。後見申立てについてお困りごとが御座いましたら相続シェルパまでお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

相続シェルパ

〒460-0003
名古屋市中区錦二丁目15番19号
(アゼット錦ビル2階)

0120-01-4354

ご予約

相続税申告

不動産登記

相続のお客様総合窓口

  • 戸籍収集
  • 遺産分割
  • 不動産登記
  • 相続税申告
  • 銀行預金の解約
  • 遺品整理

6つの理由

  • 専門家による直接電話対応
  • 安心の専門家による直接対応
  • 精通した知識による断トツの経験数
  • 365日・年中無休 充実のサポート体制
  • 完全従量制によるリーズナブルな料金体系
  • 驚くほど充実のフルサービス

70の手続き

新着情報

コラム

Q&A

スタッフ紹介

Copyright (C) 相続シェルパ名古屋. All Rights Reserved.